ミッション
地域の社会課題を解決できる
地主や後継経営者を広めるために
空き家問題、人口空洞化問題、託児問題、少子高齢化問題、 商店街シャッター問など様々な問題が今後日本を襲います。
その時に地主や後継経営者が正しい選択ができる不動産経 営者になってもらいます。
不動産の空室問題に対する活用手段を
創造するために
2013 年の空き家数は約 820 万戸、空き家率は13.5%に なっており、空き家率は 2033 年には 30.2% になると 予測されています。
空き家全体の 25%は居住することが困難であるが70%は 活用可能性が高いと考えられていますので、1600万戸 もの空き家をうまく活用できる不動産経営者になっても らいます。
グローバル化に対応した街づくりの
プロフェッショナルを育てるために
これから日本は労働者不足に陥ります、海外からの働き手 を入れないと回らなくなってくる。また開国人観光客も 2000万人を超える勢いで訪日し宿泊場所が確保できない などの問題も起きてくる。外国人を受け入れる体制が日本 にはまだまだ低い。
REIBS ではグローバルな視点で何をしていけばいいのか考 えられるようになる不動産経営者になってもらいます。